第一に言えることは外側の重心を内側の重心に変えることです。では内側の重心に変えるとはどうすればよいか?内転筋を鍛えて軸の強い体にすることです。内転筋とは骨盤を覆うように足の付け根に回り、足の付け根から足首までくるくる内巻きに巻き付いている筋肉のことです。内転筋を鍛えれば、自然と親指の足に力が入り立つ時も小指側に重心がのらなくなります。その姿勢を繰り返すことで足の骨の形も変わり真っ直ぐの足になります。お腹にも力が入るのでウエストがスッキリします。