普段の立ったり座ったりする姿勢で、骨盤を後傾させる体勢で過ごしてしまうと骨盤が広がってしまいます。骨盤を後傾させるとお腹の筋肉が縮んで背中や腰の筋肉が伸びた状態になってしまうので、腰の筋肉も硬直し腰痛にもなりやすくなります。また骨盤を後傾させた状態で足を組んだり、片方だけに重心をのせてしまう姿勢をすることで骨盤に歪みも出てきてしまうのです。女性の場合、妊娠・出産があるのでどうしても緩みやすかったり歪んだりしてしまう傾向にあります。その後の子育ても子供が小さい為しゃがんだり、抱っこをしたりすることで骨盤を後傾させてしまいがちです。骨盤を後傾させた状態ですと腰の筋肉は引っ張られた状態で硬直してしてしまうので、この時期にぎっくり腰になるお母さんが多いのも骨盤を後傾させていることが原因の1つです。