首の後ろから肩の深部にかけて肩甲挙筋という筋肉があります。この筋肉が肩こりの要因ですがそれが酷くなると首まで凝ってきます。首の後ろの頚椎1.2番には頚椎動脈という脳に繋がる動脈があります。この周りの筋肉が凝ってしまうと、頚椎動脈も硬直し頭痛をひき起こしてしまうのです。肩こりは放っておくと、頭痛になったり四十肩になり肩が上がらなくなったりと肩こりだけでない症状になってしまうのです。ですが、ちゃんと姿勢をただし、僧帽筋・肩甲挙筋を動かす習慣を作れば肩こりは解消できるのです。