まずは姿勢を正すということです。人間の体は横からみた時S字カーブになっています。このカーブが正しければ、筋肉が硬直する部分はほぼ無いのです。首から肩までは外側のカーブで胸の胸椎は前に出ています。ちゃんと胸をはること。腰からお尻にかけて外側のS字カーブになっていて、骨盤が後傾せず、座ると時も骨盤を前に倒した姿勢ではなく、骨盤をたてて座ったり立ったりすれば自然と重力は外に分散され筋肉に負担がいかなくなります。正しい姿勢でいれば、正しい体幹が自然とつくので、、腰痛にはなりづらくなります。またストレスでの腰痛の場合だと、ストレスをためないことです。