• 腰痛には原因が判明している腰痛と、原因が判明していない腰痛があります。原因が判明している腰痛とは、椎間板ヘルニアや脊椎圧迫骨折などレントゲン・MRI・CTなどの画像検査で原因がわかる腰痛です。腰痛と訴える人の割合で原因がわかる腰痛はなんと15%の割合いしかありません。残りの85%は原因が判明しない腰痛と言えます。画像では異常が判明しなくても、筋肉の緊張や関節の動きの問題などが考えられます。また最近では心の問題によるストレスや内臓の問題で腰痛になること判明しております。