猫背でいると背中の筋肉も硬直し、重たい頭も下向きになりがちです。そうすると背中から首の後ろの僧帽筋が硬く血流が悪くなります。首の後ろには頭の中の脳に繋がる動脈がたくさん流れています。僧帽筋が硬くなることでこの動脈も血流が悪くなり、場所によっては偏頭痛を引き起こすのです。猫背を治せると僧帽筋の働きが良くなり、結果偏頭痛も治せるのです。