まず猫背であるという事は骨盤が落ちている人が多いです。骨盤が落ちていると、内臓も下に下がり胃腸の動きが悪かったり代謝が悪かったりします。そして呼吸をする為の肺が息をしても広がらず深い呼吸ができなくなります。深い呼吸ができないと呼吸器の機能が弱くなるので生命力が弱ると言われていて、病気や風邪をひきやすくなります。また不眠症にもなりがちです。そのほかにも、ろっ骨や胸骨の奥にある筋肉が弱ってしまい体がだるくなったり肩こり腰痛にもなりやすいのです。胸椎3.5番には腎臓に関連深い神経が通っています。背中が丸くなることで背骨がこの神経刺激すると、腎臓の働きが悪くなって汗をかかなくなったり低体温症になりやすくなると言われています。