反り腰を放っておくと下半身太りになってしまいます。そればかりでなく、腰痛にもなりやすくなってしまいます。反り腰は体幹が弱いので、自分の上半身の姿勢を正常な位置で保てずに前のめりになっているのです。若い時は問題なくてもそのままにしておくと、筋肉がどんどん減っていくので腰痛・肩こり・便秘になりがちです。