反り腰でいるとお腹の力が抜けている状態なので骨盤が開いてきます。骨盤が開いてしますと、お尻も下がりウエストも太くなります。そればかりか、骨盤が開いてしまうと外側体重になり、外側の筋肉が発達するので足が太くなるのです。なので、反り腰でいると下半身が太くなります。